ライ角度について


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > 初めてのクラブ購入 > ライ角度について

ライ角度について

ロフト角の他にクラブのスペックでは『ライ角度』というものがありますが、これはボールに向かって構えた(アドレス)時にクラブのソールが地面と接地する角度のことをあらわしています。

一般的にはアドレスでクラブをトン、と地面につけた時、クラブのトゥ側(いわゆる先っぽ)が2~3ミリ浮く程度が標準とされていますが、スイングの特徴、プレイヤーの身長などで変わってくるため、ライ角は何度がいい、と言い切れないのが正直なところでしょうか。ですからまだスイングの安定しない初心者の内はそれほど神経質にならず、標準的体型に合わせてある市販のクラブを使用していきましょう。ライ角度という言葉の意味を知っておけば充分です。ライ角度が気になりだしたら初心者卒業です。ショップで測定、調整などを頼みましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved