囲いのネットを利用した練習法


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > フックの克服 > 囲いのネットを利用した練習法

囲いのネットを利用した練習法

行き過ぎたインサイドアウトを修正する方法としては、他に練習場の囲いのネットを利用する方法があります。

あのそびえ立つネットの視覚的な圧迫感で、体に染み付いたゆがんだ軌道を修正してもらうのです。具体的にどうするかといいますと、インサイドアウト過ぎてフックに悩む人なら、練習場の右端の打席を選ぶのです。すると、飛球線アウトサイド側にはネットが迫ってきています。こういった状態でスイングすると、ボールをネットに当てないように、という意識が働き、インサイドアウト過ぎた軌道が自然とスクエアになってきます。もちろんアウトサイドインに悩む人は左端の打席を選べば同様の結果が得られます。自分のスイングの欠点を理解できていたら、積極的に端の打席を利用して練習しましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved