パター(ゴルフクラブ)


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > ゴルフの道具 > パター(ゴルフクラブ)

パター(ゴルフクラブ)

パターとはグリーン上でカップに向けてボールを転がしいれるためのクラブです。もちろんグリーン外で使っても問題はないのですが、もともと転がすためだけに作られているクラブですので、その出番はグリーン周辺以外ではほとんどないでしょう。

このパターというクラブは、『球を転がす』という目的だけに重点をおいて作られているので、ウッドやアイアンに比べ、素材や形状の自由度が非常に高く(平たく言えば、何でもアリに近い)、膨大な種類のパターが存在します。その中から自分にあったもの、言い方を変えればよく入るパターを見つけるのは、なかなか容易ではありません。しかし、形状が自由という事は見方を変えればプレイヤーの個性を出せる楽しいクラブでもあります。どんなふざけた形でも、安物でも、自分にとってよく入るパター、それがいいパターなのです。

代表的なパターの種類としては、ピン・タイプ、L字型、アクシネット(キャッシュインとも呼ばれる)、マレット(カマボコ型とも呼ばれる)、この辺りが代表的なものでしょうか。もちろん、他にもどのタイプにも属さないような珍妙なパターなどがたくさんありますが、現在一般的に使用されているほとんどのタイプのパターが、上記のいずれかに属します。それぞれの特徴としては、ピン・タイプはスイートスポットが広く、打ち損じが少ない、L字型は、アイアンに似た形状で違和感なく構えることができ、方向性を出し易い、アクシネットはショートパットに強く、入りだしたら止まらない、マレットタイプはピン・タイプと似た特性をもち、加えてアドレス時の安定性があり構えやすい、と、いうような点が挙げられます。

もちろんそれぞれのタイプには長所と同じように短所もあり、ピン・タイプとマレットタイプはスイートスポットが広い分インパクトが緩む、L字型は方向性は出し易いがストローク(打撃)中フェースの向きが変わりやすく打ち損じが多い、アクシネットはそのシルエットの華奢さからアドレスの時、頼りない、ラインに向かって構えにくい、などが、よく言われるところです。このように、どのタイプにも利点、欠点があり、完全無欠のパターというのは現状存在しませんので、最終的にどのタイプを選ぶかは、プレイヤーそれぞれが各自の好みで決めていくことになります。やはり実際のパターに触れてみて決めるのがいいでしょう。知人のパターを触らせてもらったり、ショップで試打してみて選ぶのがいいでしょう。

実際に知人のパターを触らせてもらったり、ショップにいって見比べてきたけど、 「正直、イマイチ違いがわからん」 「どれも悪くもないけど、良くもないなあ」 と決めかねる人もいるかもしれません。そういった人は、自分の好きなプロゴルファー、男子でも女子でも構いませんので、そのプロと同じ物を選んでみるのもひとつの手です。ウッド、アイアンなどは、プロの使用モデルというと、シャフトが硬かったり、強い球を打てる分、スイートスポットが狭かったりとアマチュアゴルファーにはやさしくない物が多いのですが、パターでしたらプロの使っているものをそのまま使っても何ら問題はありません。ゴルフで生活しているプロの選手たちは非常にシビアにパターも含めたクラブ類を選択していますから、彼(彼女)らの真似をするのは、いい手だと思います。

パターの最近の流行としては、2001年頃登場した『オデッセイ』からマレットタイプが脚光を浴びるようになり、その大型のヘッドゆえのデザインの自由性の高さから現在のパター市場の中心を占めているようです。現にプロゴルファーの中でも、石川遼選手、上田桃子選手、宮里藍選手、横峯さくら選手など、いま話題の中心のプロ達もマレットタイプを愛用しているようです。プロと同じパターを使えば同じようにスコアが伸びる、という訳ではもちろんありませんが、気持ちだけでも、と真似してパターを選んでみたりするのもゴルフの楽しみ方のひとつではないでしょうか。ゴルフ仲間に見せびらかしたり、されたり、趣味なのですから、スコア以外にも楽しんでいけば、更にゴルフは魅力的なものとなっていきます。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved