グローブ


ゴルフ初心者Guide

グローブ

ゴルフをプレイする時には、グローブを着用します。必ずしも着けなければいけない訳ではないのですが、やはりグリップの滑り止めや、手にできるマメの予防などから、グローブは必要でしょう。ショップなどではスイング時に負担のかかる左手のみのものが売られているのが一般的です(女性用は日焼け防止の目的から左右セットで売られているものが多い)。

これらグローブにもいくつかの種類があり、羊など動物の革を使った天然皮革の物、人工の素材を合成して作られている合成皮革、異なる二つの素材を組み合わせたコンビネーションタイプなどそれぞれに特徴があります。グローブというのは、ゴルフにおける小物のなかでも、直接クラブに接する大事な部分ですので、それぞれの素材の特徴を理解し、自分に合ったものを見つける事が大切です。

グローブの素材による違いは、天然皮革のものは柔らかくフィット感、グリップ力にすぐれているという利点がありますが、雨、汗などに弱く耐久性が低い、価格も若干高価という欠点があります。一方、合成皮革はその特性を生かしてスイング時クラブの当たる部分は硬い素材、手の甲側には通気性のよい素材と組み合わせて作ることによって耐久性が高く、天然の革ではないので価格は比較的安価になっていますが、着け心地、という点ではややゴワつく感じがあり(個人の好みにもよりますが)その点では天然皮革にはやや劣ります。どちらを選ぶかは自由と言えるのですが、初めて買うグローブと言うのであれば、高価な天然皮革のものを少数買うよりは、合成皮革の比較的安価なものを多数購入し、数ホールごとに付け替えながら使用していくのがよいと思います。

グローブを購入時に気をつけたいのは、そのサイズです。グローブはセンチ表記で販売されていることが多いですが、実際につけてみて、ややキツいかな?くらいのものを選びましょう。大き目のグローブを使用すると、スイング中クラブのグリップが動き、手にマメができる原因となったり、グローブ自体がすぐ摩擦で破れてしまったりという事が多くなります。また、メーカーによってもサイズ表記に若干のズレがありますので、いつも22センチだから、とパッケージの表記だけを見て購入すると、実際つけてみたら大きすぎた、なんてこともありますので、グローブは実際つけてみてから購入しましょう。ショップでしたら、試着見本があったりしますし、もしなくても店員さんに一声かけてみれば試着させてもらえますので、着け心地をよく確認して決めましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved