ゴルフ初心者Guide

雨具

雨の日のゴルフというのは嫌なものです。出来れば雨の日は避けて、晴れの日だけにゴルフを愉しみたいものですが、一般のゴルファーにとっては仕事や家庭サービスの合間をぬって予約したゴルフ、しかもその日を逃すと次に行けるのはいつになるか・・・と、言うようなことが多く、少々の雨は我慢して強行したい、というのが人情でしょう。

そこで雨具が必要となってくるのですが、代表的なものは傘、レインウェアです。急激な天候の変化に対応するため、傘程度はゴルフ場がレンタルしてくれる場合が多いですが、概してゴルフ場備え付けの傘はサイズが小さく、ほんの気休め程度にしかなりません。とりあえず近所のコンビニで買った雨合羽、というのもおそらく数ホールで破れて余計なゴミを増やすだけ、という結果になりがちです。これらは事前に準備しておきましょう。

付き合い程度でコースには年数回いくだけ、雨の日は行かない、という方には不要ですが、これから趣味としてゴルフを始めていくというのなら、高級な物でなくてもゴルフに適した傘、レインウェアを準備しておくことを勧めます。各ゴルフメーカーから、傘、レインウェアともにいろいろ販売されています。ゴルフメーカーのものは随所にゴルフ向けの工夫が施されていて使いやすくなっているのは事実ですが、その分が若干値段に反映されている感があります。そういった専用のものでなくてはいけない、という事はもちろんありませんので、その機能、例えばレインウェアなら動きやすく、通気性が良いなどの条件を満たしているのなら、ゴルフ用にこだわらず、他の用途向けにつくられたもの(例えば釣り用、登山用など)の中からお値打ちなものを探すのもひとつの手です。

雨の日でもレインウェアを着るとスイングの時邪魔、とレインウェアは使用しないで傘だけ、というゴルファーも結構います。気持ちはよくわかりますが傘だけですと、もちろんスイング時は傘はさせないのでハーフ(9ホール)終わる頃にはずぶ濡れになってしまいます。海外と違い日本ではハーフを終えたらクラブハウスに入って休憩、というパターンが多いので、ずぶ濡れでクラブハウスへ入る羽目になってしまいます。これは傍目にもあまり格好よいものではありません。雨の強さにもよりますが、家を出るときから雨がわかり切っている天候であればレインウェアは用意しておいたほうがいいでしょう。あと、グローブ、靴下などの予備も充分すぎるほどに用意しておけば万全です。なお、あまりの悪天候の場合は安全面からゴルフ場がクローズする場合もあるので出発前の確認が必要です。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved