慌てず、一打一打を大切に


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > さあ、練習場へ! > 慌てず、一打一打を大切に

慌てず、一打一打を大切に

練習場で球を打つとき、気をつけたいのは、一打一打が雑になってしまうことです。どういうことかというと、最近ではほとんどの練習場が自動的に球を次々にセットしてくれるので、ついつい機械に追われるように早いテンポで打ってしまいたくなりがちなのです。

ゴルフでは快心の300ヤードショットでも、適当にクラブの先っぽで5インチ転がしただけでも同じ一打としてカウントされますので、練習場でも『一打の重み』をしっかり意識して打つように心がけましょう。具体的には、一打打ったらアドレス(構え)をいったん解いて、一呼吸おいてまたあらためて構えて打つ、という感じです。そうすることによって、練習の一打一打の密度が増し、少ない球数で、より充実した練習効果が得られます。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved