アドレスのポイント


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > ゴルフ上達への道 > アドレスのポイント

アドレスのポイント

アドレスとは、ボールを打つためにクラブを握り、目標を定め、さあバックスイングへ入ろうか、とボールに正対している姿勢のことを指します。この時重要な点は、目標に対してスクエアに立つ、ということです。

目標となる物とボールを結んだ線(これを飛球線といいます)に、スタンス(足の向き)、腰、肩、すべての線を平行にする必要があります。慣れないうちはこれが難しく、つい体全体が目標方向、すなわち右方向に向いてしまいがちで、しかも自分ではなかなかわからないものなのです。出来れば誰かに後方から見てもらうのがベストです。イメージとしては鉄道の線路のように飛球線に平行に走るもう一本の線を想像し、それに合わせてアドレスする、といった感じでしょうか。

アドレスの向きが悪いと様々なミスを招きます。例えばアドレスで右を向いてしまっていると、人間の体というのはなかなか良く出来た物で、スイングの途中で『このままじゃ目標よりも右に行き過ぎる!』、と修正しようとするのです、半ば無理やりに。当然結果としては右を向いて左に振る、アウトサイドインの軌道になって大スライス、手首をこねくり回して大ダフリ、チョロと修正どころかありとあらゆるミスショット、というわけです。いろいろなスイングに関する理論、法則などがレッスン書などで紹介されていますが、まずはスクエアなアドレスが大前提です。練習時には、かかとのラインや肩、腰のラインにクラブシャフトを合わせてみたりして、絶えずスクエアなアドレスを心がけましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved