スイングを安定させる


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > ゴルフ上達への道 > スイングを安定させる

スイングを安定させる

スイング練習の初期段階では、まず自分のスイングを固めることを心がけましょう。スライス、フック、ダフリ、トップ、などゴルフには様々なミスショットがつきものですが、これらミスショットがまんべんなくいろいろ出る状態の頃は、小手先で治しても充分な効果は得られません。まずはいつも同じスイングが出来る状態にするのが先決です。

プロの連続写真などを参考に、正しいグリップ、アドレス、カッコいいスイング(トップ、フィニッシュなど)の真似を心がけていれば、やがて自分のスイングが固まり、同時にミスショットも安定(と言っていいのかわかりませんが)してくるはずです。そのミスの種類に応じて修正していく、というのがより効果的な練習と言えるでしょう。

自分のスイングを固めるのに一番有効な練習方法ですが、これはやはり単純ですが、『素振り』、これに勝るものはありません。これも数こなせばいいというものではなく、なるべく濃密な、意味のある素振りを心がけたいものです。一振り一振り、アドレスをきちんととり、イメージで目標を作り、想像上のゴルフボールをイメージどおりの球筋で、と言った具合です。筋肉トレーニングではないのですから、汗をダラダラ流して何百回もする必要はありません。回数は少なくても構いませんので毎日続けることが大切です。きちんとした素振りは練習場で球を打つことよりも効果的といっても過言ではありません。オマケに練習場と違い、素振りは無料で出来ますので、ぜひ練習のメインとして取り入れてください。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved