スライスの原因「アウトサイドイン」


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > スライスの克服 > スライスの原因「アウトサイドイン」

スライスの原因「アウトサイドイン」

レッスン書などを見ると、スライスの原因の代表格としてあげられているのが『アウトサイドイン』、いわゆるカット打ちのスイング軌道です。

もし自分のスライスが飛球線よりも左に飛び出し、右に大きく曲がっていくものでしたら、その大きな原因は確かにアウトサイドインのスイング軌道によるものでしょう。しかし、飛球線よりも右に飛び出し、さらに右に曲がるスライスのゴルファーが、スライスだから、とレッスン書の理論どおりスイング軌道をインサイドアウトにすると、窮屈でまともに振れないか、振れてもますます打球は右へ右へと悪化する一方でしょう。同じスライサーでも飛球線より右に打球が飛び出していくのなら、あなたはアウトサイドインではなく、きちんとインサイドから振れているのです。原因は他にあります。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved