アウトサイドイン修正の為の練習法


ゴルフ初心者Guide
TOPページ > スライスの克服 > アウトサイドイン修正の為の練習法

アウトサイドイン修正の為の練習法

正しいアドレス、グリップ、脇も締めているけどまだボールは左に出て右に大きくスライス、というのなら、それはもうスイング軌道がアウトサイドインになってしまっている、と見て間違いないでしょう。

ドライバーでの練習時に、ティーアップしたボールの飛球線後方30センチ、更にそこから10センチほど前方(飛球線アウトサイド側)にずらした所に何か置いてみてください。当たると危ない(というよりおそらく当たる)ので、タバコの空き箱のような当たっても危険性のないものを選び、周りに人がいないことを確認してください(練習場の場合、混雑している時はこの練習は止めておきましょう)。その置いたものが気になるようでしたら、バックスイング、ダウンスイングいずれかの軌道に問題があるという事になります。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Copyright(C) ゴルフ初心者Guide All rights reserved